Print this page

RADIO ROOM 2011

EQUIPMENTS in the RADIO ROOM 2011

無線室の様子です(2011年)


2011年現在のメインデスクです。
右側にラックがあり、そちらをメインデスクとされる方もいますが、小生は入口側のこのデスクが好き(足が下に入るから)で、何時もこちらで運用します。

持参したIC-756をセットして運用しましたがそのまま置いて来ましたので、次に行かれる方は使い勝手がよければお使い下さい。取説も置いてあります。CWフィルターは500Hzが入っています。パソコン用ヘッドセットも使えるようにして置いてあります。zlog用CWインターフェースとRTTY等用のオーディオインターフェースも付けてあります。

オーディオIFの方はRS-232C付きのパソコンならそのまま使えますしUSBしか無いパソコンの場合は秋月のUSB-232Cコンバータを使えば簡単に使えます。リグの上に乗っていて、調整用ドライバーが挿してあるのがオーディオIFです。

机の左後ろ脚の向こうにある、巻いてある青いケーブルはLANケーブルで、インターネットにコネクト出来ます。電源の上に乗っている照明器具は宿泊室から借りてきたものです。帰りには部屋へ戻すので次の方が行った時にはありません。


背中合わせにセットしたサブデスクです。

こちらにはTS-690か何か(忘れました)をエキサイタにしてもう1セット運用出来るようにセットしておきました。
こちらのアンプはエキサイタと専用ケーブルで繋がっているのでチューニングは自動でやってくれます。
アンテナは中継ケーブルを付けておきましたので、それにメイン側から外したケーブルを繋いで運用するようにしておきました。


これはラックの前にセットしたFT-857で、6mのビーコンを出させていたものです。

気温30度で使っていると結構暑くなるのでクーリングファンを2個乗せて冷やしました。
ラジオルームに置いてあったエレキーを繋いでおいてコールがあったら応答するという形で運用しました。
残念ながらJAは開かず、DUとKH2からのみコールがありました。
メールでクックやVKからリクエストがあったのでビームを反転しビーコンを出しておきましたが、そちらも残念ながらダメでした。

このリグは持ち帰りましたので現在無線室にはありません。

 


メインデスク側のラックです。

棚の上にはFTー847が載っています。これも横のアンプに繋げば快調に動作します。
YAESUを使い慣れている人はFT-847を使うと良いと思います。
ということで、Kenwood派もICOM派もYAESU派も、何れかのリグを使う事ができます。

 


バルコニー側から入り口側を見た様子です。

左側がサブデスク、右奥側(入口ドアに近い方)がメインデスク、右側がラックです。

 


入口側からバルコニーの方を見たところです。

左側のカーテンのところに何台かのリグが置いてありますが、全部動作するものばかりです。確か、TS-850、TS-570、TS450だったと思います。

その他、調子が悪い機械も何台か置いてあります。



Previous page: RADIO ROOM 2012
Next page: 無線局免許取得